top of page

野洲養護学校アウトリーチ


11月17日(水)に野洲養護学校高等部で打楽器奏者を招いてアウトリーチが行われました。

このアウトリーチは滋賀大学教育実践センターの「地域教育支援をねらいとした共同研究」の一環として行われたものです。

高等部の岡ひろみ先生と打楽器奏者の可児麗子さんによるティームティーチングで音楽づくりの授業が3コマ実施されました。

可児さんによる「ボール・ファンタジー」(安田直己作曲・可児麗子編曲)演奏の後、生徒たちもボールやお椀で音楽づくりを楽しみました。

加えて、普段から行っているトガトンなどの楽器で作った作品に、可児さんが演奏でコラボしました。

どの授業も生徒が生き生きと音楽を作っている姿が印象的でした。

最新記事

すべて表示

京都新聞におとさぽ3年間の歩みが掲載されました!!

2024年3月9日、京都新聞「湖国リポート」におとさぽ3年間の歩みが掲載されました。12月から3カ月間にわたる丁寧な取材で、掲載されている以外のイベントにも足しげく取材に来て下さり、完成した記事です。主に、おとさぽ音楽療法の現場と、アウトリーチの現場について、実践の様子が書かれています。「音楽でいい表情になり、生きていてよかったと思える幸せな瞬間をつくりたい」というおとさぽのエッセンスで記事は締め

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page