盲学校アウトリーチ


12月7日(火)に盲学校中高等部の音楽の時間にお邪魔しました。高等部で音楽を担当されている向先生とゲストで打楽器奏者の清水美紀さんとのティームティーチングで授業が進められました。まずは二人によるライヒのクラッピングミュージックで始まり、「コッペパン」「タンタンメン」などの言葉に合わせてリズムをたたいたり、ジャンベやコンガといった太鼓をひとりひとつたたいてみたり、トーンチャイムで学校のチャイムの音や生活の中の音を再現したりしました。中高生6人はそれぞれに好きな音楽や好きな音を見つけて、楽しむことができました。