top of page

滋賀県立聾話学校幼稚部 音あそび

 2022年11月4日、滋賀県立聾話学校幼稚部に、音あそびに行ってきました!

以前、打合せに出かけたときから、音楽大好きな子どもたちの様子が伝わってきていたので、改めて訪れるこの日をとても楽しみにしていました。

 いろんな音が混ざると聞き分けにくいことがある、と事前に教えていただき、まずは3つの部屋に分かれることに。「たたく」の部屋に置いたのは、ギャザリングドラムやハンドドラム、ボックスシロホン。「ふる」の部屋には、鈴やマラカス。「どれみ」の部屋には、音積み木とデスクベルを準備しました。どの部屋からも、元気いっぱいの音が聴こえてきましたよ! 


 ホールでは、私(山本)と、子どもたち一人ひとりで、即興演奏もしました。フロアタム・シンバル・ツリーチャイムを、最初から思い切り鳴らす子、ためらいながらも、私のピアノをしっかり見て聴いて徐々に鳴らす子、体ごと弾ませながら音を出す子など、それぞれの音楽の味わい方、表現が感じられる時間となりました。

 お部屋にミュージックパッドを置いてみんなで歩いたり、スカーフをゆらゆらさせたりしてしっかり動いた後は、紅葉の折り紙を散らした大きな布を先生に揺らしていただき、心地よい風を感じてもらいました。

ありがとうございました。またみんなと一緒に音楽できる日を楽しみにしています!

最新記事

すべて表示

おとさぽが文化庁の「令和6年度障害者等による文化芸術活動推進事業」に採択

おとさぽが、文化庁の「令和6年度障害者等による文化芸術活動推進事業」に採択されました。この事業は、障害者等による文化芸術活動や社会包摂に資する文化芸術活動を拡充し、障害の有無等にかかわらず、文化芸術活動を通じた個性と能力の発揮及び社会参加の促進、多様な価値観の形成と包摂的環境の推進を図ることにより、心豊かで多様性のある共生社会の実現を目指すことを目的としています。おとさぽは、昨年度に続いて2度目の

Comments


bottom of page