top of page

ようこそ!セレンディップさんVol.2

石山駅近くの自立訓練(生活訓練)の事業所、セレンディップさんから、10名ほどの方々がおとさぽにいらっしゃいました。おとさぽセッションルームに、ところせましとたくさんの楽器を並べ、気のむくままに鳴らしてもらう時間をたっぷりとりました。最初は初めて見る楽器に戸惑う皆さんでしたが、おとさぽスタッフも一緒に音を鳴らして短いセッションをしたり、参加者同士で聴き合う姿が見られたり、だんだん音が生き生きしてきました。

トーンチャイムを使った「音渡し」では、自分が音をもらったら、誰かに音を返します。ただそれだけのやりとりなのですが、なぜかドキドキ、おもしろくって、笑顔のあふれるひとときとなりました。

やさしい音をたくさん聴かせていただき、ありがとうございました♪





最新記事

すべて表示

京都新聞におとさぽ3年間の歩みが掲載されました!!

2024年3月9日、京都新聞「湖国リポート」におとさぽ3年間の歩みが掲載されました。12月から3カ月間にわたる丁寧な取材で、掲載されている以外のイベントにも足しげく取材に来て下さり、完成した記事です。主に、おとさぽ音楽療法の現場と、アウトリーチの現場について、実践の様子が書かれています。「音楽でいい表情になり、生きていてよかったと思える幸せな瞬間をつくりたい」というおとさぽのエッセンスで記事は締め

Comments


bottom of page