top of page

「かんがるーむ」さんにお邪魔しました♪


親子のつどいの広場「かんがるーむ」さんに、音楽をお届けしてきました。



丸みのある深い音がするボックスシロホンと、柔らかく響くハピドラムの即興演奏が自然に起こると、あるお母さんが「海の中にいるみたーい」と、とても気持ちよさそうにされていました。



最初は泣きに泣いていた赤ちゃんも、いつも間にやら自分でしっかりばちを握り、ハピドラムをポンポンポーン…♪ 癒しの音色が響きました。

「ぼく、じょうずでしょ?」の表情が、これまたとってもかわいかったです!


「かんがるーむ」さんは、子育て支援をされており、乳幼児期親子の出会いの場として、滋賀大学内で月2回ほどイベントを開催されています。


最新記事

すべて表示

京都新聞におとさぽ3年間の歩みが掲載されました!!

2024年3月9日、京都新聞「湖国リポート」におとさぽ3年間の歩みが掲載されました。12月から3カ月間にわたる丁寧な取材で、掲載されている以外のイベントにも足しげく取材に来て下さり、完成した記事です。主に、おとさぽ音楽療法の現場と、アウトリーチの現場について、実践の様子が書かれています。「音楽でいい表情になり、生きていてよかったと思える幸せな瞬間をつくりたい」というおとさぽのエッセンスで記事は締め

Comments


bottom of page