top of page

「かんがるーむ」さんと、おとさぽセッションルームでおとあそび♪

 家政教育講座の平松紀代子先生が主催されている、地域の親子の子育てひろば「かんがるーむ」さん。今年は、おとさぽのセッションルームに遊びにきてくださいました!


 いろんなことに興味しんしん、ニコニコ笑顔と拍手で盛り上げてくれる子や、抱っこされて気持ちよく寝ている…ようで実はしっかり聴いている…という4か月の赤ちゃんも。

 昨年はお母さんにピタっとくっついていた赤ちゃんだった子が、ミュージックパッドの上を勇気を出して一人で少しずつ進んでいく姿には感動しました!



 学生さんのハンドベル演奏や、参加者ご家族さん持参のサンタ帽などで、クリスマス気分が盛り上がるあたたかい時間となりました。また遊ぼうね!


 「かんがるーむ」さんは、子育て支援をされており、乳幼児期親子の出会いの場として、滋賀大学内で月2回ほどイベントを開催されています。

最新記事

すべて表示

この度、教育学部附属音楽教育支援センター(愛称:おとさほ)が、文化庁の「令和5年度 障害者等による文化芸術活動推進事業」に採択され、文化庁の委託事業として、特別支援学校、特別支援学級でコンサートを実施することになりました。採択事業名は、滋賀大学教育学部附属音楽教育支援センターによる「特別支援学校、特別支援学級へのオーダーメイド・アウトリーチ」で、各学校の希望や実情に合わせたプログラムを制作してお届

おとさぽが、株式会社 滋賀銀行発行 地域総合情報誌「かけはし 2023年春号」の「知の泉 滋賀の研究最前線」に掲載されました。記事では「障害とともに生きる方々が生涯にわたって音楽に親しむ機会を」というおとさぽの理念と事業がわかりやすく説明されています。また大学附属のセンターとして先端的なプログラムの研究・開発など、おとさぽならではの取り組みも紹介されています。丁寧な取材により見開き1ページでおとさ

bottom of page